fc2ブログ
2023. 08. 24  
 ~高知競馬と四国みぎした55の旅~

 徳島の夜。まずは

01店前1940
 両国酒店

02店前2
 7年前にも来ましたが、のれんがオープンの印で変わらない雰囲気。

03瓶ビール
 瓶ビールでお疲れさまの乾杯!!

04M
 あってないような(笑)メニューも健在でした。

05冷奴
 半ばお任せで、冷奴

06タカラ
 タカラCANチューハイから、

07玉子焼き
 お客さんの注文に便乗して、玉子焼き

 野球を見ながらチビチビやグビグビと。静かでもなくうるさくもなく、いい空気が流れていました。

 両国酒店
徳島県徳島市南内町1-23
【足メモ】両国橋北詰信号から東へすぐ南側

 両国酒店の全記事

     
2023. 08. 23  
 ~高知競馬と四国みぎした55の旅~

 ジオパークからバスで約40分で、

01東洋町
 道の駅東洋町。ここからとある車両で移動したのですが、後述するとして、

02店前1335
 徳島県に入り宍喰にあるホテル リビエラししくい。日帰り温泉もあるのですが、時間的にバタつくかもしれないので、レストランで昼食を。

03M1

04M2

05M3

06M4

07M5

08M6

09M7

10M8

11M9

12M10

13M11

14M12

15M13
 メニューいろいろ。

16瓶ビール
 瓶ビール

17阿波尾鶏炭火焼き風御膳
 頼んだのは、

18阿波
 阿波尾鶏炭火焼き風御膳

18海鮮ひつまぶし御膳
 同行者は海鮮ひつまぶし御膳に、

20唐揚げ
 阿波尾鶏から揚げを追加。

21バス停
 談笑しているうちに時間となり、ホテル前のバス停へ。

22DMV
 やってきたのは、この車両。

23世界初
 営業運転では世界初の道路と鉄路の両方を走れる安佐海岸鉄道DMV(デュアル・モード・ビークル)です。実はここへ向かうときに道の駅東洋町から途中の宍喰まで乗ったのですが、ここからはしっかりと鉄路全線乗車へ。

24車体
 道路ではタイヤで走行し、

25モードチェンジ
 道路と鉄路の境目にモードインターチェンジがあり、車輪が出てきて、

26線路2

25線路1
 線路上で走れるようになります。

27線路3
 甲浦から単線の鉄路を走行。

28トマソン
 途中、いわゆるトマソン物件の切り崩されたトンネルがあり、運転士からの説明も聞けました。

29阿波海南
 甲浦から20分程度で

30阿波海南バス停
 鉄路の北側終点となる阿波海南に到着。

31後ろ
 ここでバスに戻り、路線としての終点である阿波海南文化村へ向かっていきました。

32モードIC
 ここからはJRに乗り換えるのですが、先の便が戻ってくるタイミングにうまく設定されていて、モードインターチェンジでモードチェンジを見ることができます。

33モード1

34モード2
 「バス」がモードICに入ってきて、

35モード3

36モード4
 目の前でモードチェンジを見ることができます。

37出発
 「列車」となって、甲浦に向かっていきました。

38JR阿波海南
 ここからは

39列車
 1両のJRに乗車。

40沢がに
 ホームに沢がにも歩くのどか町から約2時間、

41徳島
 高知から10時間で徳島に到着。

42徳島2
 宿でひと息入れて、夜に備えます。

 ホテル リビエラししくい
徳島県海部郡海陽町宍喰浦松原226-1
【足メモ】DMV道の駅 宍喰温泉下車すぐ
 HP

 DMV(デュアル・モード・ビークル)
安佐海岸鉄道 HP

     
2022. 09. 11  
 ~四国ギャンブル視察旅~

 連休明けもあって、さっきまで開いていたような店も23時前には閉まっていく。宿の下にある

11店前2320
 Cafe&Bar CeReZoは遅くまで開いているのがわかっていて、シメに…と思っていたが繰り上げて訪問。

12M1

13M2

14M3
 メニュー。

14瓶
 まずは瓶ビール

15乾杯
 2度目の乾杯!!

17徳島竹ちくわフィッシュカツ
 洋風な店と思ったが徳島産のアテも多く、

18竹ちくわ
 竹ちくわに、

19フィッシュカツ
 フィッシュカツは徳島名物。

20焼きしいたけ
 大きな焼きしいたけも徳島産。

21すだち鶏もも焼き
 すだち鶏もも焼き

22BM
 地ビールの

23ガージェリーエステラ
 ガージェリーエステラ。グラスの先が丸くなっていて、台がないと置けないのが面白い。

 宿泊は別々の宿で、店の方いわく同行者の宿は門限にうるさいらしい(笑)。2度フロントに電話して延長したが、そろそろお開き。

24たむら
 翌朝。同行者に連れていってもらったのは、手打うどんたむら

25天ぷら
 天ぷらを取って

26釜たまうどん
 釜たまうどん

28追いだし
 テーブルには熱いだしの入ったポットが置かれ、後半は追いだし。

29冷やしうどん
 もう1杯、冷やしうどんも。

30スロッピー
 高速鳴門のバス停で同行者と別れ、すろっぴーで乗り場へ上がり

31バス
 高速バスに乗車。

32鳴門
 鳴門ボートの横を通り過ぎ、

33行き先
 一路大阪へ。バスによって難波経由と梅田経由があり、こちらは難波経由。

34OCAT
 鳴門から2時間弱でOCATに着き、そのまま仕事へと流れ込みました。

 Cafe&Bar CeReZo
鳴門市撫養町斎田大堤228
【足メモ】ホテルファーストシーズン1F

     
プロフィール

センベロ隊長

Author:センベロ隊長
痛風から10年以上がたち、ちょっと調子に乗って飲酒量が増えてきたセンベロ隊長の飲食記録第2章。

地域別
ジャンル別(重複アリ)
企画もの
カウンター
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

CLICK!!
人気ブログランキングへ
CLICK!!
旧ブログ
「Ghostの食品館/センベロ隊長調査記録」はこちら