2016. 04. 16  
 ~春の山陰18きっぷの旅~

 米子駅方面へ歩いていると、さっき朝日町方面へ歩いていたとき気になった

31店前2100
 炉端 留味庵が見えてきた。

32店前2
 境港直送 全て500円以下の黒板と、上のボードが、かなり気になる。

33店前3
 ということで、入ってみました。

34D
 ドリンクメニュー。

35生ビール
 生ビール

36M1

37M2
 アテのメニュー。

38おすすめ
 本日のおすすめ。行った時点で、もっと売り切れがありました。

39炉端
 目の前に魚介類が並ぶのは、炉端ならでは。しかし、もうあまり残っていません。

40生さば
 大将が微妙に残っているという境港生さば刺身。微妙という割にはしっかりと量がありこれで480円は素晴らしい。これが脂乗り良くとろんとしてうまい。

41真イカ
 同じく境港の真イカ刺身も、コリコリしていて噛めば甘さが出てくる。

42真寿鏡ぬる燗
 こうなれば日本酒で、地元米子の真寿鏡をぬる燗で。

 隣の方は大山方面の料理人とのこと。たまに下界(笑)に降りてホテルに泊まって飲みに出るそうで、特に魚はほとんどここでしか食べないらしい。

 で、たまたま見つけて入ったというと「よう見つけました。ここの魚は当たりですよ」。大将は自ら市場に出て仲買を通さず直接漁師から買うので安く、その日のネタはその日のうちに売り切るから、常に新鮮とのこと。なので、遅い時間になるとお裾分け?が出ることもあるそう(笑)。

43あさり酒蒸し
 あさり酒蒸し

99.jpg
 あじ刺身

44お吸い物
 お吸い物。どれも絶品で、お会計を見たらまた驚き。

45プレーン
 逆の隣には、偶然に大阪から出張で来られているご夫婦。こちらもここの魚に魅了されたそう。もっと遠くに座っている方や、ほめると照れて別の話へ向かおうとする大将などと、プレーンチューハイを飲みつつ話をしていたら、いつの間にか閉店時間をオーバーしていました(笑)。

46名刺
 どこが扉かわからないぐらいの名刺がビッシリと。お店を始めて30年以上だそうで、炉端の店らしく古いのは飴色に燻されています。

 奥には団体用の個室もありますが、やっぱり炉端は少人数でカウンターに陣取るのが楽しいですな。

47朝日町
 そして、いい店に出会い機嫌が良くなり、また朝日町方面へ出戻り。今度はさすがにタクシーで…。

48ラーメン
 この時間になると、さすがに繁華街という雰囲気で、営業しているのかわからないラーメンもオープンしていました。

 炉端 留味庵
鳥取県米子市茶町52
【足メモ】米子駅前から直進4つ目の信号を左折すぐ
営業時間:18時~22時 日休み

人気ブログランキングへ     
スポンサーサイト
NEXT Entry
燻製バー 燻 (いぶし) ~16/04/04 22:50
NEW Topics
立呑 えびすけ ~17/09/26 17:00
ビア&ヴルスト ベアレン ~17/09/26 16:30
岩手の酒屋 KiKiZAKEYA ~17/09/26 16:00
焼肉・冷麺 ぴょんぴょん舎 盛岡駅前店 ~17/09/26 15:20
ハンバーグレストラン ベル 大通店 ~17/09/26 11:30
Entry TAG
旅の記録   鳥取   居酒屋   炉端・留味庵   すし・海鮮  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

センベロ隊長

Author:センベロ隊長
痛風から8年以上がたち、ちょっと調子に乗って飲酒量が増えてきたセンベロ隊長の飲食記録第2章。

地域別
ジャンル別(重複アリ)
企画もの
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
お問い合わせメール

名前:
メール:
件名:
本文:

CLICK!!
人気ブログランキングへ
CLICK!!
旧ブログ
「Ghostの食品館/センベロ隊長調査記録」はこちら